こじまさんぽの「風景」「観る」「旅する」「児島ボートレース場」です

モデルコース 初めての方へ イベント一覧はこちらをクリック
» 旅する » 観る » 風景 » 児島ボートレース場

風景

  児島ボートレース場
ニホンモーターボートキョウソウカイコジマシブ

  • 児島ボートレース場
国立公園「鷲羽山」をバックに目の前に広がる瀬戸内の多島美は、全国のボートレース場の中でも最も美しい景色を堪能できると言われています。

基本情報

店舗・企業名
児島ボートレース場
住所
岡山県倉敷市児島元浜町6-3
TEL
086-472-5050
営業時間
9:45~
駐車場
無料
交通・アクセス
児島ICから車で約5分
JR児島駅から車で約3分
下津井循環線(JR児島駅~34分)競艇場正門前下車から徒歩約1分

アクセスマップ

おすすめスポット

  • 風景
    瀬戸大橋架橋記念公園
    瀬戸大橋架橋記念公園
    瀬戸大橋架橋を記念して計画された総合公園であり、瀬戸内海の眺望に優れた県史跡下津井城跡を中心に、約16.7haを自然環境との調和を図りながら整備されています。
  • 風景 体験する
    風の道
    風の道
    廃線となった下津井電鉄の軌道跡地
  • 美術館・ギャラリー
    むかし下津井回船問屋
    むかし下津井回船問屋
    明治時代の回船問屋の建物を復元した資料館です。江戸期からあるニシン蔵や、明治時代に建築された商家の母屋を、岡山県が復元し、平成7年5月1日に開館したものです。母屋の一階は明治から昭和初期の商屋のたたずまいを、二階は江戸時代以降の下津井の暮らし、商い道具等を展示しています。
  • 神社・仏閣(歴史)
    持宝院
    持宝院
    児島霊場八十八箇所~第二十六番「持宝院」。
  • 風景 遊ぶ 利用する
    児島ボートレース場
    児島ボートレース場
    国立公園「鷲羽山」をバックに目の前に広がる瀬戸内の多島美は、全国のボートレース場の中でも最も美しい景色を堪能できると言われています。また、気候が温暖で変化が少ないため条件の良いレース場でもあります。入場料:100円 (本場レース開催時)
  • 風景
    鷲羽山東屋
    鷲羽山東屋
    鷲羽山レストハウスから遊歩道を20分ほど登ると東屋があり、そこからは、瀬戸大橋を真下にご覧いただくことができます。
  • 風景
    王子が岳桜園地
    王子が岳桜園地
    王子が岳の頂上付近は桜の名所で、春になると、約1千本のソメイヨシノが咲き誇り、青色の瀬戸内海を背景にした桜の花を楽しめます。
  • 風景
    瀬戸内海国立公園 通仙園
    瀬戸内海国立公園 通仙園
    瀬戸内海国立公園特別地域に指定されている同園では、多島美を背に、毎年約3,000本のツツジが咲き誇ります。
  • 神社・仏閣(歴史)
    鴻八幡宮
    鴻八幡宮
    創立年月は不詳ですが大宝元年宇佐より勧請すと社伝にあります。
  • 美術館・ギャラリー
    ギャラリー“未来”
    ギャラリー“未来”
    ギャラリー未来は、フジワラ石材工房の2階にあります。1階の受付に気軽に声を掛けて自由にご覧ください。
  • 風景
    下津井保存地区
    下津井保存地区
    この町並みは昭和61年に岡山県の町並み保存地区に指定されています。
  • 美術館・ギャラリー
    旧野﨑家住宅
    旧野﨑家住宅
    旧野﨑家旧宅は塩田王と呼ばれた野﨑武左衛門が、天保から嘉永年間に築いた民家。現在は塩業歴史館として使用されています。
  • 風景
    瀬戸大橋架橋記念公園
    瀬戸大橋架橋記念公園
    瀬戸大橋架橋を記念して計画された総合公園であり、瀬戸内海の眺望に優れた県史跡下津井城跡を中心に、約16.7haを自然環境との調和を図りながら整備されています。
  • 風景 体験する
    風の道
    風の道
    廃線となった下津井電鉄の軌道跡地
  • 美術館・ギャラリー
    むかし下津井回船問屋
    むかし下津井回船問屋
    明治時代の回船問屋の建物を復元した資料館です。江戸期からあるニシン蔵や、明治時代に建築された商家の母屋を、岡山県が復元し、平成7年5月1日に開館したものです。母屋の一階は明治から昭和初期の商屋のたたずまいを、二階は江戸時代以降の下津井の暮らし、商い道具等を展示しています。
  • 神社・仏閣(歴史)
    持宝院
    持宝院
    児島霊場八十八箇所~第二十六番「持宝院」。
  • 風景 遊ぶ 利用する
    児島ボートレース場
    児島ボートレース場
    国立公園「鷲羽山」をバックに目の前に広がる瀬戸内の多島美は、全国のボートレース場の中でも最も美しい景色を堪能できると言われています。また、気候が温暖で変化が少ないため条件の良いレース場でもあります。入場料:100円 (本場レース開催時)
  • 風景
    鷲羽山東屋
    鷲羽山東屋
    鷲羽山レストハウスから遊歩道を20分ほど登ると東屋があり、そこからは、瀬戸大橋を真下にご覧いただくことができます。
  • 風景
    王子が岳桜園地
    王子が岳桜園地
    王子が岳の頂上付近は桜の名所で、春になると、約1千本のソメイヨシノが咲き誇り、青色の瀬戸内海を背景にした桜の花を楽しめます。
  • 風景
    瀬戸内海国立公園 通仙園
    瀬戸内海国立公園 通仙園
    瀬戸内海国立公園特別地域に指定されている同園では、多島美を背に、毎年約3,000本のツツジが咲き誇ります。
  • 神社・仏閣(歴史)
    鴻八幡宮
    鴻八幡宮
    創立年月は不詳ですが大宝元年宇佐より勧請すと社伝にあります。
  • 美術館・ギャラリー
    ギャラリー“未来”
    ギャラリー“未来”
    ギャラリー未来は、フジワラ石材工房の2階にあります。1階の受付に気軽に声を掛けて自由にご覧ください。
  • 風景
    下津井保存地区
    下津井保存地区
    この町並みは昭和61年に岡山県の町並み保存地区に指定されています。
  • 美術館・ギャラリー
    旧野﨑家住宅
    旧野﨑家住宅
    旧野﨑家旧宅は塩田王と呼ばれた野﨑武左衛門が、天保から嘉永年間に築いた民家。現在は塩業歴史館として使用されています。

PAGE TOPPAGE TOP